店舗で収入 | 上手に賢く投資をしてリッチマンになってみよう

店舗で収入

ユーロ札

区分店舗にチャレンジしましょう

収益物件を持ちたいと考えている投資家は多いことでしょう。一口に収益物件といっても、その種類は多岐にわたり、アパート・区分所有マンションの1室・一棟マンション・事務所・店舗などがあります。アパートやマンションへの投資が不動産投資では有名ですが、人気が高いことから競争相手の投資家も多いですし、競合物件も多くなっています。したがって、これらの収益物件の価格は上昇傾向にあり、必ずしも期待するほどの収益を得ることができなくなってきています。 そこで、区分所有店舗も投資対象として検討してもらいたいのです。 確かに、区分所有店舗はアパートやマンションと異なって、物件の絶対数が少ないことから、賃料のデータも取得しにくく、上級者向けの収益物件といえるでしょう。

空店舗を格安で買おう

しかし、区分所有店舗に積極的に投資したいと考える投資家自体が少ないことから、アパートやマンションと比較して競争相手も少なく、結果として物件を安く購入することができる可能性が高いのです。まして、空店舗となっている物件であれば、いよいよ投資をする人が少ないため、自分でリーシング(賃借人付け)さえできれば、非常に利回りの高い物件に変貌する可能性を秘めているのです。 空店舗を収益物件として運用する場合には、その物件を購入する前に入念に市場調査を行う必要があります。自分で、周辺の不動産屋さんに調べることを怠ってはいけません。周辺の店舗相場と比較して大幅に募集賃料を引き下げればテナントが見つかるのか、正直にヒアリングするのです。そして、調査したうえで、賃料を大幅に下げれば大丈夫だと自分で確信できるのであれば、売主に対して格安の金額で指値をしましょう。これが、区分所有店舗投資で高利回りを実現する秘訣です。

このエントリーをはてなブックマークに追加