賢く投資 | 上手に賢く投資をしてリッチマンになってみよう

賢く投資

ファイナンスビル

円安の進行で海外の投資家にとって日本への投資は魅力的である

国内の不動産価格は長く続いたデフレ経済の間は下落を続けてきましたが、ようやく下げ止まり、三大都市圏では上昇傾向を示しています。一部の地域ではミニバブルの傾向も出て来ています。しかしながら、円安が進行しており、海外の投資家にとっては国内不動産は依然として魅力的なようです。湾岸を中心に開発されている超高層マンションは投資マンションとしては最適です。アジアを中心に投資マンションとして購入するケースが増加しています。海外の投資家はほどんど自分で住むわけではないので賃貸に出すものと思われますので、分譲マンションの中に住人の引越しが頻繁に発生する賃貸の部分があるということになるのでこの点には注意が必要です。

海外の購入者を一定の割合に制限するケースが多くなっている

超高層マンションを開発するディベロッパーの中には投資マンションとなることをある程度避けるために外国人の購入する割合を一定の範囲に制限するケースが出ています。賃貸と分譲が並立するようになりますと分譲の価値が下がるということになる場合があります。国内の購入者でも投資マンションとして購入するケースもあるとは思いますが、一定の割合では実際に住む人もいると思われますが、海外の投資家はほとんどが賃貸に回すと思われますので制限せざるを得ないと考えるのは普通です。今後も円安が続くことが予想されておりますので日本の不動産価格が上昇しても世界中を見渡すと日本の不動産への投資の優位性が認められますので今後とも投資マンションとしての魅力は薄れそうもありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加